農業電化協会
>
出版物・機関誌「農業電化」
>
出版物④農業用ヒートポンプシステム技術

出版物④農業用ヒートポンプシステム技術ー実務家のための基礎技術と応用

 

  • 体裁:A5判 縦型  142ページ
  • 発刊年月:1993年3月
  • 価格:2,700円 (税込) 
  • 送料:300円(一冊分の送料)

 

 

【詳細】

▽概要(はしがきより抜粋)

 最近の農業分野の技術革新の大きな波として、ヒートポンプ(熱ポンプ)システムによる加温設備の導入がある。農業分野における省エネルギーを図る意味においても、施設園芸におけるヒートポンプ(熱ポンプ)システムの導入による加温設備の普及が必要となり、産地の拡大や規模拡大に対応することが急務である。私の専門の「環境制御技術」を通じて数多くの関連施設を設計、施工、実践してきた。それらを農業専門の雑誌等に発表してきたところ、今回、社団法人農業電化協会のご好意により「農業用ヒートポンプシステム技術」(実務家のための基礎技術と応用)を執筆、出版することになった。
 内容は、本書の読者として農業電化関係技術者、農業システムエンジニア、農業改良普及技術者、施設園芸農家および装置設計者を対象とした。したがって前半に基礎編として、空気調和技術とヒートポンプ技術全般にわたって述べ、後半に応用編として実施例を紹介し、これからの施設の設計、計画および実施に役立つように配慮をした。
 

 

▽構成 

著者:青木伸雄

1. 基礎編:冷凍・空調理論
 1-1 冷却・冷凍
 1-2 空気調和
 1-3 緩急温度、湿球温度
 1-4 絶対湿度
 1-5 相対湿度
 1-6 気候図
 1-7 熱量単位
 1-8 比熱
 1-9 顕熱、潜熱
 1-10 仕事の熱当量、熱の仕事当量
 1-11 エントロピー
 1-12 エンタルピー
 1-13 蓄熱
 1-14 太陽熱の蓄熱
 1-15 燃焼
 1-16 熱出力、熱入力
 1-17 空気線図
 1-18 モリエル線図
 1-19 冷凍サイクル
 1-20 冷房負荷決定条件
 1-21 暖房負荷決定条件
 1-22 ヒートポンプ冷凍サイクル
2. 応用編:実施例解説
 2-1 ヒートポンプシステムの応用分野
 2-2 温室の冷暖房負荷計算
 2-3 簡易選定表による機種の選定
 2-4 温水への蓄熱計算
 2-5 氷への蓄熱計算
 2-6 蓄熱槽の容量計算
 2-7 各分野への実施例
 2-8 これからの導入が期待される分野